その他資料

  1. トップページ
  2. IR情報
  3. その他資料
  4. 対処すべき課題

対処すべき課題

 

当社は、「ものづくり」に真摯に取り組み、現場・現物・現実を直視した本質を見据えて活動を行っています。そのために必要な技術力・労働力をもって生産性の向上を図り、成長し続けることができる企業体質の構築、継続的改善を行い、利益の確保を目指してまいります。

(1)生産性の向上および環境の整備
当社では、最新設備を設置し、それらを駆使することができる従業員の存在によって生産性を向上させることができると考えております。
設備面については、最新設備であるが故にさまざまな問題点があり、生じる問題点を一つ一つ改善することにより、最新設備を駆使して生産性を向上させようと鋭意努力しております。
また、当社における「ものづくり」の根底にあるものは、上記の最新設備を駆使する従業員の技術力であると考えており、優秀な従業員を確保し、技術力を向上させることにより生産性を向上させる観点から、従業員にとって安全・安心な職場環境を整備しています。

(2)働き方改革と労働力の確保および人材育成
生産性を向上させることができる労働力を確保するために、従業員の働き方に焦点を当てて、現在当社では、創業以来の従業員の働き方について改善を早急に進めております。当該改革によって、各従業員にとってベストな働き方を見いだすことで、業務の効率化を図り、生産性向上に繋げたいと考えております。
働き方改革と合わせて、当社の風土を活かしたベテラン社員の技能承継を含めた開発・生産・品質等の各工程におけるスペシャリストの育成に注力するとともに、多様性に富んだ労働力の確保に注力してまいります。

(3)新規分野および環境保全のための投資
よりよい「ものづくり」や企業の成長の維持・継続のために、新規分野や新規事業への投資を積極的に検討してまいります。また、安全・安心な職場作りや環境保全のための投資についても積極的に進めてまいります。

(4)持続的成長を実現する財務体質の改善
事業拡大に必要である継続的な投資や経営環境の急変にも耐えることができるように、より一層の財務体質の改善を行い、持続的な成長を実現してまいります。

(5)法令等の遵守および企業の社会的責任
経営理念である「公明正大」、安全・安心な「ものづくり」を実現するため、法令等の遵守をはじめとした企業行動倫理を徹底し、企業の社会的責任を果たしてまいります。